エンタごし

エンbit

今の話題を幅広く、為替からアイドルまで書いていくぅ

MENU

日向坂46「青春の馬」MV・歌詞考察! 馬とはなんなのか?

f:id:bullarmy:20200116131504p:plain

 日向坂46・4thシングル「ソンナコトナイヨ」のカップリング曲「青春の馬」のMVが解禁されました   [いぇーい(・∀・)

撮影場所は東京都千代田区にあるNTT日比谷ビル屋上にて撮影が行われたようで、MVの神秘的な様子を引き立ててくれています。

 MVの監督は 白石 剛浩、振り付けはTAKAHIRO先生が担当し、この曲が主題歌のドラマ「DASADA」の初回放送日に合わせてMVが公開されました。体調不良により活動を休止していたひよたんが復活した最初のMVとなることにも注目しましょう!

 

 

歌詞

君はどんな夢見ているか 何も語らずに

どんな辛い坂道さえ 全力で立ち止まることなく走って行く 
青春の馬

自分の力とは どうやって測ればいい
誰かと比較したところで わからないだろう
どこまでできるか 予測していた以上に
思いもよらない可能性 試したくなる

無謀と言われて笑われてもいい 立てなくなるまで走り続けたい
本能のままに生きてゆく

君は絶対諦めるな 何があったって
足を止めちゃそこで終わる もう走り出せない
夢が叶う叶わないかは ずっと先のことだ 
今は何も考えずに無我夢中
ひたすらまっすぐに目指すんだ
青春の馬 yeah yeah 駆け巡れ

 

見えない未来とは どうやってみつけるんだ
この道進んで行けばいいと 誰も言わない
なんども間違えて 結局遠回りして

疲れた体が何かを覚えていくはず
楽しちゃ意味ない 汗かくしかない
乱れた呼吸が情熱の証 不器用なくらいがむしゃらに

君はずっと信じるんだ いつか見たあの夢
手をあげても消えない夢 現実の世界だ
そこに行けばなにがあるか 誰もわからない
たどり着いたその瞬間 考えが (欲しかったものまで)
変わるのさ
青春の馬

 

夜が明けてゆく遠い地平線の彼方
世界はこんなに広かったと知った
青ざめた馬が大地を駆け抜けてゆく
希望の光を浴びながら

 

君はどんな夢見ているか何も語らずに
どんな辛い坂道さえ全力で走っていく

君は絶対諦めるな何があったって
足を止めちゃそこで終わる もう走り出せない
夢が叶う叶わないかはずっと先のことだ
今は何も考えずに無我夢中 ひたすらまっすぐに目指すんだ
青春の馬

チャレンジしなくちゃ 生きてる甲斐ない
どこまで行けるか走り続けよう
Never give up Never give up
The easy way has no meaning

 

 

馬が表すもの

f:id:bullarmy:20200116131431p:plain

 今回のタイトルで印象的なのは「馬」という単語ですね。

青春の馬は聴いてわかるように応援ソングとなっていますが、それに合うように「馬」にも重要な役割がありました。

 

 スピリチュアルな意味として「馬」には ふんばり という意味が

そして「白い馬」には 勝利 という意味があるそうです。

 

また歌詞中には「青春の馬」という単語も登場しますが「青春」とは若い時代を時期を指します。若い時代に希望や理想を抱く事も多くメンバー達が青い衣装を纏っているのも「若さ」を表しているのではないでしょうか??

 

歌詞とMVを考察してみる

 [0:00~2:15]

 ここでは他者を鼓舞するような曲調と歌詞が印象的でした。

特に  

誰かと比較したところで わからないだろう
どこまでできるか 予測していた以上に
思いもよらない可能性 試したくなる

無謀と言われて笑われてもいい 立てなくなるまで走り続けたい

 ここでは自分自信の力量について考えています。
しかしながら他者との比較では正しく自分を知ることは出来ない事を知っている為、自分自身を追い込む形で限界を知ろうとします。

 また、「無謀と言われて笑われてもいい」などのワードから

歌詞内の主人公は挑戦的であること負けづ嫌いなことが読み取れます。

 

君は絶対諦めるな 何があったって
足を止めちゃそこで終わる もう走り出せない
夢が叶う叶わないかは ずっと先のことだ 
今は何も考えずに無我夢中
ひたすらまっすぐに目指すんだ
青春の馬 yeah yeah 駆け巡れ

 そして主人公は挫折しそうになった人を見つけます。。
「足を止めちゃそこで終わる もう走り出せない」というフレーズから諦める一歩手前までの様子なようです。

 しかし主人公は結果が出るのは先の事であり、再びがむしゃらに挑戦することを促し、青春時代の若者のように困難にぶつかっても諦めない様に励まします、

 もしかしたら主人公はココで諦めたら後悔すると思って励ましたのかもしれませんり

 

 

[2:16~3:32]

 今やっていることが正解かはわからない。けど諦めずにやっていくうちに見つかる事もあるよ。そんな印象を受けました特に気になったのはこの部分↓

----

疲れた体が何かを覚えていくはず
楽しちゃ意味ない 汗かくしかない
乱れた呼吸が情熱の証 不器用なくらいがむしゃらに

----

 悩むぐらいならが取り敢えず体動かしてみてボロボロになるまでやるから見つかる事もあるぞ! そんな風に説いているかのような歌詞でした。

 テンポもゆっくりとなり苦悩や壁にぶつかりペースが遅くなっているのを表現されている感じでした。

君はずっと信じるんだ いつか見たあの夢
手をあげても消えない夢 現実の世界だ
そこに行けばなにがあるか 誰もわからない
たどり着いたその瞬間 考えが (欲しかったものまで)
変わるのさ
青春の馬

 がむしゃらにやった結果、寝ても冷めても忘れなかった夢や希望が1つ上のステップアップへと上がります。

 漠然と見ていた夢を叶えるのに必要な考え方や道具などが見えてくるわけですね。

 

[3:33~5:19]

 スタート→苦悩という過程を経てココで新たな目標や希望を見つけます。

そして、やはり鼓舞する訳です「頑張れ!!」と…でもこの応援は勇気づけるというより激励のような気がしました。

 もっともっと頑張れるよ諦めるな!って

夜が明けてゆく遠い地平線の彼方
世界はこんなに広かったと知った
青ざめた馬が大地を駆け抜けてゆく
希望の光を浴びながら

 多くの困難に立ち向かい新たなステップへと進んだ「悩める人」は、また新たな世界を目にします。

 ここでの「青ざめた馬」というワードは「悩める人」を表しており、「夜が明けていく 遠い地平線の彼方 世界はこんなに広かったと知った」との事から今までの自分中心の世界だけではなく世間の広さや困難に気づくこととなります。

 

しかし、数多の困難に立ち向かってきた訳ですから、また打ち勝つ為に歩みをすすめるのです。

MV注目ポイント

今回のMV注目ポイントは2:16からの衣装です。

f:id:bullarmy:20200116131043p:plain

YouTube

  MV冒頭のシーンでもダッシュするシーンがありましたが、このシーンは恐らく「期待していない自分」のシーンを表してるのではないでしょうか同曲同様に制服である事や歌詞などが負の面が出ていることを考えると、ひらがな時代を想起させる場面でした。

 

 そして3:00からは

f:id:bullarmy:20200116132349p:plain

「JOYFUL LOVE」を思い起こさせるようなカラフルな衣装へと変貌します。

 

 これらを纏めると

ひらがなデビュー時→ひらがな活動時→日向坂

とアイドルへの期待や葛藤そして今現在の活動とグループの系譜を表しているMVとなります。

 

日向坂46 / ソンナコトナイヨ

まとめ

 いかがだったでしょうか?曲だけ聴くと応援ソングの印象を受けますがMVと合わせてみるとグループの歴史を感じられる曲でしたね。

 主題歌を担当しているドラマ「DASADA」これからどんな展開になるのか注目です!

 

出典YouTube