エンタごし

エンbit

今の話題を幅広く、為替からアイドルまで書いていくぅ

MENU

投資の世界で聖杯を探す

やほすー

久しぶりの記事です、ちょうど書きたいことができたので作成する事にしました。

前回の記事から1カ月以上たってました(笑)

 

休んでいる間に世界経済はとんでもない事になっていますが、それとともに投資を始める人が増えてきているようです。

そうなると湧いてくる物……そう上手い話!!

 

 形は様々ですが殆どに共通することは「寝てるだけで大金持ち!」とか「負けなしトレード!」と言った、誰もが魅かれるキャッチフレーズが使われた商材です。

平たく言えば(聖杯

f:id:bullarmy:20200505171519p:plain

https://tozanabo.com/

 

 聖杯があるかないか?気になるところですが、結論から言うとあると思います。

じゃあ聖杯を紹介~ とはなりませんよ笑、今回は投資を始めて間もないor全然勝ててない のに聖杯探しに夢中な貴方の目を覚まさせるための記事です。

 

 そもそも聖杯とは「相場で勝てる事がほぼ約束されている物」な訳ですが、違う視点から見ると「他人が考えた手法」です。

 この言葉が表す意味メチャクチャ大事です、人が考えたということは……(つまり)

仕組みとか細かなニュアンスだったりは伝わりづらいと言うことですよね??

商材と言われるものには説明書だったりが付いてくるとは思いますが、じゃあそれを読んだから発案者の真意が読み取れるか?と言われると別問題です、その他にも書いた人の説明力に左右されると言った問題点があります。

 [[じゃあ、どうすりゃイイんじゃ( ∵ )( ∵ )

 僕自身、トレードをしてきて大切にしてきたことは「言語化」です。

ネットや書籍からの情報は他者がまとめたものであって、それを暗記した所で自分のものに出来るかは微妙ですよね、例えば数学の勉強をしている時に答えや例題を丸暗記するだけだと、ある一定の水準まで行ったのち頭打ちとなるでしょう。

 では、より高見を見るには何が必要か?様々な要素がありますが、一つ挙げるなら公式などを成り立ちや仕組みまで勉強して自分の言葉で理解することが必要かと思います。

 

 つまり、相場でより高見を目指すのであれば「言語化」というプロセスは避けては通れない道な訳です、敢えて聖杯(他人の手法)を手に入れる事を批難するなら自分自身が細かな点(仕組みや大切なポイントなど)まで理解して説明できないのであれば入手するだけ無駄です。

 色々な商材があるかとは思いますが上記の事が出来るのであれば買ってもいいでしょう、しかしながら聖杯探しをする人は大体できないので金をどぶに捨てているようなもんでしょうね、コレクション棚にいくだけです。

 

  というわけで、聖杯を使ってトレードすることは、どういう事なのか?言語化してみましょう。

 僕が、よくやるのは置き換えです

ここで聖杯=簡単おかずセットだと仮定します。

 

 ↑↑こんなやつ

そして貴方は料理を勉強したいと思っている人

 

 では、質問です料理の勉強を目的としている人が「簡単おかずセット」買いますか??

 

 

{{買いませんよね}}

ではどうするか、細かな材料であったりコツとかポイントなんかを勉強することでしょう、中華を例に出しておいてあれですが例えば味噌汁を作る時に出汁をとります。

 この時に「出汁を取る」という行動だけを暗記するだけで他の料理や新メニューを考える時に日本料理の命である「出汁」を上手く活用できますか?

 

考えるまでもなく  ムリ

 

 トレーダーとして頑張りたいと思っている人が聖杯(簡単おかずセット)を買って相場における出汁の活かし方を理解することができますでしょうか?

ここまで読んでくれた方には、もう説明するまでもないですね

 

 散々説明しましたがトレードが上手くなるかは自分次第です、聖杯(商材)を買えばもしかしたらなるかもしれないし、ならんかもしれない

 

 でも、一つだけ言えること今の時代ネットで調べれば、沢山の情報が出てきます。

本を買ったとしても数千円

 無料の情報を生かせない人が何万とする高額な費用を払ったからと言って覚醒するんですかね、不思議です。

 

 まずトレードを勉強したいならインジケーターをよ~~く見て欲しいRSIは80以上で売りとかアホみたいな使い方で覚えていませんか??

macdをちゃんと理解してますか??

 

最低限これくらいやって、それでも無理で商材を買うならいいでしょう(気は乗りませんが…)

やってもないのに買うのは普通にアホだと思う、金の無駄

 

自分で苦労して作り上げた手法の方が愛着わきますよ