エンタごし

エンbit

今の話題を幅広く、為替からアイドルまで書いていくぅ

MENU

トレードの勉強にオススメな本

 

f:id:bullarmy:20191101174134p:plain

投資を始めるときに必要なことって沢山ありますよね、口座開設したりPCを買ったりと初めはアタフタしてしまいます。

 

 でも、必須項目の中でも1番大切なのは正しい知識を身に着け自分自身で判断できるようになることです。 そこで今回は僕がトレードを始める上で実際に買った本を紹介します。

 テクニカルの本

あなたのトレード判断能力を大幅に鍛える エリオット波動研究 [ 日本エリオット波動研究所 ]

 

 エリオット波動に関する書籍です、「そもそもエリオット波動ってなに?」という方に説明すると、この様に値動きに番号を振っていくことで今どの段階なのか(買いか?売りか?)などを分析する事が出来ます。

https://www.tradingview.com/x/Qz4AdrPo

 エリオット波動の良いところは将来の値動きをある程度予測できるところにあります。しかし、ネット上には間違った情報も多く正確な情報を見つけるのに苦労します。

 この書籍の著者はそういった現状に疑問を抱き執筆を行ったと書いていることから、エリオット波動の基礎から実際の過去の値動きに当てはめた説明そして演習問題まで付いているというボリューム満点のものとなっています。

 

 また、著者本人もエリオット波動に関して研究を行っている人物であることから情報の正確性は高いと言えます。

ファンダ系の本

図解入門ビジネス 最新為替の基本とカラクリがよーくわかる本[ 脇田栄一 ]

 タイトルにもある通り為替の基礎を学ぶ本となっています、「円高円安とは?」からそれによってもたらされる影響それだけには留まらず各国から発表される重要指標の読み方まで丁寧に解説されています。

 

 この本を勧める理由は理解がスムーズに出来るような構成となっていることです、指標の内容をどのように見てナニを感じるべきなのかが学ぶことができます。 

 ファンダの勉強するなら取り敢えずコレ買ってけばok

 

 

  先物・オプションの勉強をしたいならコレ

デリバティブの基本的な考え方から先物・オプションの利用の仕方まで1冊で学べます。

なにより、図解があるのでわかりやすい!

結構ニッチな分野だと思うので文章だらけの本が多いんですけど、これはソンナコトナイ良書です。

 

債券のお勉強がしたい人向け

そもそもの債券の仕組みから市場での売買のされ方読み取り方など広範囲まで網羅されており、入門書として最高の1冊です。